暮らし日記

『暮らしクラフト』発進ログ

机に手帳とペン

ブログの進捗(進まなさ)を記します(笑)

ブログ自体はアップロードしても、きっとしばらくは前夜が続くと思われます。本当にいろいろと設2することが多いんですもの(涙)

 

本日(2019年12月16日)時点では、まだSNSとの連携もできていないですし、プロフィールもろくに整っていません。でも、すべてが整うまでの道筋も、自分の記録としてもどんなことをしていったのかが残りますし、同じようにブログをはじめようと思った方の道しるべになるかもしれないのでやったことを極力細かやかに記録していこうと思います。

 

いやぁ、こうして実際にやってみると、先人の方々の偉大さがよくわかります。きっとどの方のブログも同じなんだと思います。まさに『ローマは一日してならず』ですね。

 

無理はせず、時には『ローマの休日』を入れながら、こつこつと続けていこうと思います!いつの日か、たくさんの人の役に立てるブログに成長する日を夢みつつ…

 

日にち やったこと 所要時間
2019-10-29 WordPressテンプレート「jin」を購入 15分
2019-11-23 ブログ作成本を購入し、読み始める 3時間
2019-12-2 ブログ作成本を読み終わる 3時間
2019-12-11 Google AnalyticsやSNS登録用にGoogleアカウントを取得 15分
2019-12-13 ムームードメインにて「kurashi-craft.net」ドメインを取得 15分
Facebookページを開設 15分
Twitter アカウントを開設 15分
2019-12-14 lolipopサーバーでkurashi-craft.netドメインを使用できるようにする 15分
kurashi-craft.netをWordPressで動かせるように設定する 15分
WordPressのテンプレートに「jin」を登録し、利用開始 15分
2019-12-15 「暮らしクラフト」のページの色などを設定する 1時間
「暮らしクラフト」のWeb用のロゴをIllustratorで作成する 2時間
作成したロゴをWeb内に配置し、HP用とスマホ用にサイズを調整 1時間
2019-12-16 ブログ原稿を作成(Wordで作るオリジナル年賀状) 2時間
初ブログ記事『Wordで作るオリジナル年賀状』を投稿!やったぁーと思うのもつかの間、レイアウトやデザインなどを調整していたら、あっという間に時間が過ぎる。 2時間
自分のやったことを記録するため、「『暮らしクラフト』発進ログ」と称して年表形式でやったことをまとめることにする 1時間
2019-12-17 記事のマーカー強調を太字強調に変更する。 15分
OGPタグについて学び、設定しようとしたら、すでに自分がやっていた(つまり、OGPが何かがわかっていなかったということ)ことに気づきショックを受ける。jinってテンプレートはなんでも揃っていると感じる。 40分
ブログを投稿したら、FacebookとTwitterで自動でお知らせできるように『SNAP』というWordPressのプラグインの使用を試みるものの、なかなかうまくいかず、『Jetpack』に切り替える。こちらは10分ほどで成功! 2時間
2019-12-18 ファビコンの色を変更する。ヘッダーと同じ色だと透けてしまうと思い込み茶色と白の色を反転したものを作成したが、よく考えれば、ロゴの中の部分を透明にしてしまっていたのが、原因だったので、白く塗りつぶして問題解決。同じくファビコンは正方形であったので、ロゴの大きさも正方形にすることに。というわけで、ヘッダーのロゴも同じく変更という…変更に次ぐ変更があったが、くじけず進むぞ! 1時間
Google Analyticsの利用を開始する。貼り付け方については、hitodeblogさんの記事『【2019年10月更新】グーグルアナリティクスの設置・初期設定方法!【最新】』を参考にさせて頂く。 15分
ダッシュボードのHTMLタグ設定の画面でトラッキングコードを張り付けるものの、403エラーが表示される。こちらはpc-creaさんの記事『【JIN】ロリポップのWAFで「403エラー」。2つの解除方法』を参考にさせて頂き無事解決! 15分
Search Consoleの利用を開始する。Jill Tone Blogさんの記事『SearchConsoleドメインプロパティ設定方法【ムームードメイン×ロリポップ!】』を参考にさせて頂き設定完了。 10分
WordPressにsitemapを作成してくれるプラグインを導入。saruwakaさんの『【WordPress】サイトマップ作成からSearch Console登録までの全手順』を参考にさせて頂く。本当に分かり易い! 20分
2019-12-19 twitterのユーザーネームとアカウント名、Facebookページのアカウント名を考える。その後、TwitterとFacebookのカバー写真などをIllustratorで作成する。Facebookのカバー写真の最適なサイズなどは、Kaori-Creativeさんの記事『【2019年】Facebookページの適正カバー画像サイズはこちら!』を参考にさせて頂く。 50分
2019-12-20 twitterのプロフィール欄、Facebookのプロフィール欄やカバー写真の追加のし直しを行う。 30分
Google AnalyticsとSearch Consoleが連携できない件をgoogleで調べると『Googleアナリティクスでサーチコンソール のデータを使用できない』というGoogle Analyticsのサポートページを発見。Search Consoleのプロパティをドメインプロパティにしていたのが原因のようで、URL プレフィックス プロパティを別途作成すると連携ができるとのことなので、Search ConsoleにURL プレフィックス プロパティを別途作成し、連携成功! 20分
Google Analytics で自分のアクセスを除外するため、AIアナリストブログさんの記事『Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法【簡単3分】』を参考にさせて頂き、Google ChromeにGoogle Analytics オプトアウト アドオン (by Google)を入れる。今後は、Chromeで自ページへアクセスするよに決める。 10分
Instagramにkurashi-craftとして追加アカウントを設ける。その後、ferretさんの記事『Instagramビジネスアカウントの作り方』を参考にさせて頂きました。しかし、現在はプロアカウントと呼ばれるものがあるとわかりクリエイターの個人ブログで登録を行うも、エラーが出て、進めず。 20分
InstagramにWordPressの投稿を自動で反映させるために、ゴリログさんの記事『WordPressの新着記事をInstagramに自動投稿する方法』を参考にさせて頂き、『WP Social Post And Widget』というプラグインを入れる。 20分
2019-12-22 ブログ『【リメイク】ジョイントマットで作る! 子供用踏み台の作り方』の下書きを作成する。しかし、いきなりどう書いてよいものか思案に暮れ、Google先生に相談したところ、インファクトさんの記事『初心者向け!読まれるブログの書き方|ブログを書く順番を理解するとブログが書ける!』を参考にさせて頂き記事づくりを開始。当たり前といいますかやはりといいますか、読みやすくて、人の役に立つ記事を作成するというのは、時間を要しますね。 90分
2019-12-23 昨日の続きを行う。写真も載せてわかりやすく。やっと何とか人様にお見せできる体裁が整ったので、いざ投稿!と思ったら、写真につけるコメントを上にするか下にするかで迷う。LIGさんの記事『写真のコメント、上に付けるか?下に付けるか?メディアの見せ方を調べてみた』を参考にさせて頂き、自分では写真の上に▼からコメントを書き始めるのが、皆さんが見やすいと思いこのかたいに決定! 90分
2019-12-23 Facebookにも、twitterにもうまく連動していたのでやったと思ったのですが、Facebookのほうは記事が結構長くのってしまうので、長さの調整が必要と感じる。初心者が動画で学ぶオンライン講座ブログさんの記事『WordPressのFacebook自動投稿で全文表示されるのを防ぐ方法【Jetpack共有】』 を見て、次回以降の参考にする。 10分
そして、Instagramはなぜかうまく連動していなかったので、原因を探るが、Instagramのアカウントですでにプロアカウントにできないエラーも発生していたので、一度アカウントを削除して、再度アカウントを作り直す。プロアカウントにすることは成功!WP Instagramの方も、再度設定をし直すと前回そもそもうまくつながっていなかったことがわかり、登録し直したユーザー名などを入れたら、つながった模様なので、次回のブログ登録時に様子を確認。 10分
自分の中でのSNSの使い方について考えてみたところ、ブログとFacebookは『暮らしクラフト』のページ、TwitterとInstagramは『暮らしクラフトの中の人』のコメントとして発信することに決める。だから、Facebookページの名前は【暮らしクラフト】とし、Twitterでいう【アカウント名】とInstagramでいう【名前】は「暮らしクラフター」とする。そして、Facebookの【ユーザー名】は「@kurashicraft」、Twitterでいう【ユーザー名】とInstagramでいう【ユーザーネーム】はkurashi_crafterに決定! 15分
ブログとInstagramを連動するWP Instagramが必要かどうか?について、もう一度考えてみる。ふくろぐさんの記事『ブログのタグ数や付け方のコツとSEO効果! カテゴリーとの違い!』を参考にさせて頂き、見る人のためにタグがあることを再認識。であれば、記事にとって必要なタグをつけてやり、Instagramではブログタイトルをコメントに用いるのみとする方がすっきりするという結論に至る。だって、Instagramのコメントが長いと写真メインじゃなくなってしまうので。そこで、WP Instagramから自動投稿の設定を変更し、Instagramのコメント欄への文字数は50文字とし、ブログ記事にはタグ付けは行わず、自動投稿後のInstagramのコメント欄のブログタイトルを加工して、ハッシュタグで区切って短く表示することに決定! 5分
2019-12-24 固定ページの『プロフィール』をやっと公開。自分や家族のことをどこまでブログに載せるかや呼称をどのようにしようかなどかなり迷う。わかったブログのかん吉さんのプロフィール『かん吉プロフィール』やThe Cat’s Pajamasのぱじゃねこさんのプロフィール『はじめに』を参考にさせて頂く。迷ってなかなか筆が進まないが、進まないより進んだ方がよいと考え、自分が発信しやすい家族の呼称にする。また、ご覧いただく方々に少しでも、ご自身の状況と比較していただけるように自分の属性などは詳細に記そうと思う。 1時間
2019-12-25 Instagramに自動投稿されたものを見たところ、タイトルと本文があるのはいいが、コメントが50文字だと長すぎて、続く…となってしまうので、ブログの件名と本文は0文字にして、URLのみをのせることに再決定!そして、ブログの件名を#をつけたものにして見やすく、かつ探してもらいやすくする。 5分
とりあえず、出しっぱなしだったグローバルナビの『サービス』、『ランキング』、『クチコミ』、『お問い合わせ』は削除する。あるのは、『ホーム』と『プロフィール』のみという… 5分
2019-12-28 ブログ『親子で作ろう!スターウォーズ風 宇宙船をレゴで作る方法』を投稿する。記事以外の写真の準備に手こずる。スマホで撮った写真をアップしようとしたが、写真の色味が揃わず、撮り直した。写真を撮る際には、後で、あれこれ色味を変えると統一感がなくなってしまうので、初めから撮る際の色味のチェックをして一気に撮りためてしまったほうがよい。 60分
写真にブログタイトルとURLを記した透かしを用意するまでにもどのやり方がよいかを検討した。写真は、iphoneXで撮影することにしたので、iphone用のアプリから探す。LIFE DESIGN PHOTOさんの記事『スマホから写真にロゴ画像を入れる方法』を参考にさせて頂き、LINE Cameraアプリからロゴ画像を入れる。操作は、簡単に行くのだが、すべての写真にロゴを入れるため結構時間がかかった。Phontoなどのアプリも試してみたが、複数の写真を一枚の写真にするコラージュができ、さらにそこにロゴ画像を取り込めるのは、自分が試した限りでは、LINE Cameraのみであったため当面はこのアプリを使用することに決定! 60分
ブログ用画像に入れる画像は、ブログのタイトルとURLを入れることにしたため、Illustratorで画像の透かし用のロゴを作成することにする。web用に保存で保存をすると、なぜか背景が白くなり透過できなかったので、書き出しでPNGに保存をしたらうまくいった。 60分
ブログ用画像を整えて、なんとかブログ『親子で作ろう!スターウォーズ風 宇宙船をレゴで作る方法』を投稿する。画像を入れるとなると、画像の加工処理が入るので、時間がかかると実感する。見て頂くブログとしての体はなんとか整えたが、役に立つ記事になっているかどうか…それでも、やっとこできたので良かった。 60分
2019-1-6 WordPressのスマホアプリでブログ書いてみる。記事はとにかくざっくり書き始めるのがよいので、スマホでやり始めた方がかえってはかどるかもしれないと思う。 40分
2019-1-13 プロフィール画像を更新!やっと面白い画像ができました!その時の様子をまとめた記事『レゴで自分の似顔絵を作ってみた!その方法と気をつけたいポイント』にまとめる。記事作成に時間がかかったというよりも、今回は、プロフィール用画像を作成するのに時間がかかった。 11時間
2019-1-13 TwitterとFacebookへの自動投稿機能は、前回機能しなかったこともあったので、オフにした。Instagramの自動投稿機能は、残っていて、こちらはブログを更新しましたというお知らせをInstagramでちょこっとする感じになるので、まぁよいかと思うようになる。しかし、そもそもブログを発信するよりも前に写真で記事内容に関するものを収めていることも多く、それらを一斉に写真だけで一度に見せることもできるので、やはり自動投稿機能のままやりっぱなしだとそれぞれのSNSの良さが活きないと思うようになる。自分の送りたいメッセージのかたちをそれぞれのSNSに合わせたかたちに変えていくスキルも必要だし、そのためにはブログが作りあがるまで他のSNSを待たせて一斉にアップする必要もないんだなと当たり前のことに今更ながら思いいる。 5分
2019-1-24 URLのサブドメインについて調べる。なんでものびるWEBさんの記事『別ドメイン・サブドメイン・サブディレクトリのメリットとデメリット』を参考にさせて頂き、別ドメイン・サブドメイン・サブディレクトのそれぞれの違いと長所短所を理解する。うちのブログはどれでも大丈夫でしょう。何しろ新発のブログなのだから。 10分
続いて、URLの正規化について調べる。DM SOLUSTIONさん記事『URLの正規化とは?正規化が必要な理由と実践方法』内のイラストがとても分かりやすかったです。正規化の方法は、各自の状況でことなるようなので、こちらのJINテンプレートではどのようにすればよいかを調べて、正規化をしていこうと思います。Qiitaというプロラマのための技術情報共有サービスの@ejointjpさんの投稿記事『.htaccess よくあるURL正規化やリダイレクトの書き方 WordPress対応版』を参考にさせて頂き、正規化を行ってみる。 20分
2019-1-25 ロリポップサーバーで自分のWordpressのjinのテンプレートのURLを正規化する方法が最終的にわかった。①http://kurashi-craft.net ②http://kurashi-craft.net/index.php ③http://www.kurashi-craft.net ④http://www.kurashi-craft.net/index.php ⑤https://www.kurashi-craft.net ⑥https://www.kurashi-craft.nete/index.php ⑦https://kurashi-craft.net/index.php の7つのURLをすべて⑧https://kurashi-craftにリダイレクトさせることを指す。ウェブマスターがウェブのことを書いたらさんの『ロリポップでwwwありなしの統一正規化ができない!問い合わせて解決』を参照にさせて頂き、ロリポップ内で独自ドメインを置き、そこにWordpress簡単インストールでWordpressを入れた直後のリダイレクトの状況を調べてみると、②http://kurashi-craft.net/index.php ③http://www.kurashi-craft.net ④http://www.kurashi-craft.net/index.php を入力すると記事内にあるように勝手に『wwwなしの①http://kurashi-craft.net 』にリダイレクトされていることを確認した。jinのテンプレートによる作用ではないよう、そして、サブドメインのwwwはwwwなしと同じディレクトリ(フォルダ)に場所は指定してある状態でリダイレクトが行われていた。その後、ロリポップの独自SSL証明書導入をwwwなしとありの両方に導入し確認をすると、https化した後の⑤https://www.kurashi-craft.net ⑥https://www.kurashi-craft.nete/index.php ⑦https://kurashi-craft.net/index.php のURLはいずれも、⑧https://kurashi-craftにリダイレクトされていた。しかし、httpの状態からhttpsへの状態へリダイレクトされる訳では無いので(ここ重要!)httpからhttpsへリダイレクトされるようにする命令文をCreiveさんの『WordPressサイトをhttpからhttpsにSSL化する方法【対応手順を丁寧に説明】』で流れを確認し、Cherry Pie Webさんの『WordPressの常時SSL化では、.htaccessの順序に注意!』で.htaccessファイル内のどこにリダイレクト文を書くのかを確認してリダイレクトを実行すると見事に成功!サーチコンソールは以前登録したが、正規化したもののみが登録されるようにし直せば完成!これは、なかなか理解するのが難しい概念であったり、仕様であったりしましたが、わかったのでよかった! 3日
2019-1-28 ロリポップサーバーでWordpressでない場合の独自ドメインについても調べてみた。この場合の正規化は①http://kurashi-craft.net ②http://kurashi-craft.net/index.html ③http://www.kurashi-craft.net ④http://www.kurashi-craft.net/index.html ⑤https://www.kurashi-craft.net ⑥https://www.kurashi-craft.net/index.html ⑦https://kurashi-craft.net/index.html の7つのURLをすべて⑧https://kurashi-craft.netにするということになる。

この場合もWordpressの時と同じでまずは、独自ドメインを自分で作成したディレクトリ(フォルダ)に入れる。その後、自動的に生成されたサブドメインのwwwのディレクトリも独自ドメインの設置の際に作成したディレクトリに指定する。(もしかしたら、自動的に独自ドメインと同じディレクトリになっているかもしれないが、自分は気づかず替えたのかわからないがディレクトリが独自ドメインとサブドメインの場所が異なっていた)

ここまでの作業で、③http://www.kurashi-craft.net を入力すると①http://kurashi-craft.netになるリダイレクトが自動的に行われるが、 ②http://kurashi-craft.net/index.html はそのまま表示されてしまい、④http://www.kurashi-craft.net/index.htmlを入力すると、②http://kurashi-craft.net/index.html と表示されてします。

この状態のまま、取敢えず、https化を独自ドメインとサブドメインそれぞれで行うと、やはり⑤https://www.kurashi-craft.net は⑧https://kurashi-craftとなるものの、⑦https://kurashi-craft.net/index.htmlはそのまま表示され、⑥https://www.kurashi-craft.net/index.htmlは ⑦https://kurashi-craft.net/index.htmlと表示されてしまう。

wwwはリダイレクトされてwwwなしになるので、httpへアクセスした場合にhttpsへリダイレクトさせることと、index.htmlにアクセスした場合に、index.htmlなしのURLにリダイレクトすればよいことになる。これをロリポップの公式Q&Aのリダイレクトなどを参考として、
RewriteEngine on

RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://kurashi-craft.net/$1 [R=301,L]

RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://kurashi-craft.net/$1 [R=301,L]

と.htaccessファイルに記述してあげるとうまくすべてのリダイレクトが⑧https://kurashi-craft.netに行くようになる。このリダイレクトは、3段階で行われる。wwwへのリダイレクトはロリポップサーバーの仕様により自動的にwwwなしになるので、.htaccessファイルには記述されていない。http://www.kurashi-craft.net/index.htmlでURLを入力すると、ロリポップサーバーのほうで、http://kurashi-craft.net/index.htmlになり、この.htaccessファイルの記述でhttp://kurashi-craft.netになり、さらに最終行のhttps化のURLであるhttps://kurashi-craft.netになる。レンタルサーバでのリダイレクトはサーバー側でどういったリダイレクトをしてくれるのかを把握すること、そして、それ以外のリダイレクトを自分が.htaccessファイルに記述してリダイレクトを行えばよいことがよく分かった。

Google Search Consoleのカバレッジで『送信された URL に noindex タグが追加されています』というエラーが発生していることが判明。IT便利帳さんの記事『新サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」を解決する方法』を参考に、Wordpressのプラグインの『XML-Sitemap』の設定のHTML形式でのサイトマップを含めるのチェックを外す。

ページトップの画像は、『フリー写真素材ぱくたそ』さんより拝借いたしました。ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA