レゴ

親子で作ろう!スターウォーズ風 宇宙船をレゴで作る方法

斜めの要素を取り入れた部分

レゴでスターウォーズ風の宇宙船をつくりました!ちょうど、2019年12月28日現在『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』も上映が始まり、映画を親子で見に行かれた方もいるんじゃないでしょうか?

うちのお兄ちゃんも僕もスターウォーズは大好きです。なので、スターウォーズを見た後は、「じゃ、レゴでスターウォーズの宇宙船を作ってみようか!」なんて会話になることも結構あります。

今回は、お手持ちのレゴでできそうな『スターウォーズ風』になるパーツやコツのみをご紹介したいと思います。みんな、持っているレゴのセットやパーツは違いますし、なにより『レゴは自由』ですからね!こちらで紹介するものを、作るうえでのヒントにしていただけたらと思います!

宇宙船の形は三角形にするとスターウォーズっぽくなる!

スターウォーズに限ることではないかもしれませんが、空飛ぶ乗り物の形は上から見ると三角形のかたちをしているものが多いです。物理的なことを考えるとこのかたちに落ち着くのだと思います。『スターファイター』や『スターデストロイヤー』などを見て頂くとお分かりかもしれませんね。

▼斜め上から見た様子、まさに三角形ですね。
斜め上から見たところ

棒状のパーツを使うとスターウォーズっぽくなる!

棒状のパーツは『アンテナ』と呼ばれスターウォーズに出てくる戦闘機には棒状のものが出てくることが多いです。初期三部作に出てくるスターファイターのような戦闘機に似せるには、『アンテナ』と呼ばれる棒状のパーツや『レバー』と呼ばれる車のシフトレバーのようなパーツを使うとレーザーの発射口のようになりそれっぽくなります。

▼アンテナ(左)とレバー(右)
アンテナとレバー

アクセントに曲面や斜めの部分を作ってみる

『スターファイター』にはXウィング型と呼ばれるトンボのはねのような翼が登場しますね。そして、銀河帝国のTIEファイターなどはその中心部分はボールのような球体をしています。ミレニアム・ファルコンは機体そのものが円形をしていますね。これで空って飛べるのかなぁなんて思ったり…

空を飛ぶのかどうかはさておき、これらのような曲面や斜めを機体の中に盛り込んで作るとスターウォーズっぽくなります。斜めを作るにはクリップラウンドエッジとエンドハンドルと呼ばれるパーツを組み合わせて角度のあるものをつくります。また曲面にはスロープカーブと呼ばれる曲面のあるブロックやマッドガードよばれる車のような乗り物を作る際に用いることがよくあるパーツを使うとよいかと思います。

▼スロープカーブとマッドガード
スロープカーブとマッドガード

▼斜めの要素を取り入れた部分(この部分の組み合わせが浮かんだときは嬉しかった!)斜めの要素を取り入れた部分

いい感じで、レゴのボツボツを活かす!

スターウォーズに出てくる戦闘機や戦艦の表面をよく見ますと、決してつるっとした感じではなく、むしろいろんな機器がむき出しになった状態であることがわかります。なので、作品を作るときは、レゴのボツボツを活かした表面にすると、それっぽくなります。

しかし、すべてのボツボツが出た状態だと今度はレゴ感が漂い始めますので、タイルと呼ばれる表面がつるっとしたものやタイルのグリルと呼ばれる切れ目の入ったタイルをところどころにつけてあげるとよりスターウォーズっぽくなります。

▼タイル(上)とグリル(下)
タイルとグリル

色は、極力そろえよう!

これは、スターウォーズに限らずの話ですが、僕がレゴで作品を作るときに意識するのは、色を極力そろえるということ。しかし、実際に1セットに入っているレゴのパーツだけでは同じ色だけですべてを作ることを難しいので、同系色のブロックで作品を作るようにしています。

そして、同系色のブロックを層のように重ねて作っていくことで、色のグラデーションができるので、よりリアルな造形物を作ることができるようになります。今回の宇宙船では、下から黒→薄いグレー→濃いグレーを重ねてみました。以上を意識して作ったのが冒頭の写真にもありました作品です。全体は、こんな感じです!

▼1時間くらい頭を悩ませながら作りましたが、完成すると嬉しいですね!レゴで作った宇宙船

本日のまとめ

レゴで作品作りをしているといつも悩ましいのが、「あぁ、もっとこの色があったらいいのになぁ」とか「あぁ、もっとこのかたちのパーツがあったらいいのになぁ」と思うことが多々あります。しかし、レゴは自由ですので、無いパーツを嘆くのではなく、有るパーツのなかで、どうやったら作りたいものに近づけるかなと考えながら、自分なりの作品を仕上げればよいかと思ます。

制約のある中で知恵を絞りながら作れば、考えるちからデザインするちからもつきますし、完成するまでに親子でアイデアを出し合うなんて言うのもよいかもしれませんね。
「ここはどうしたらいいかな?」とか「ここはパーツが足りなかったけど、こんな風にアレンジしたよ」などなど楽しい会話が増えるといいなと思ます!

以上、『親子で楽しむ! レゴでスターウォーズ風戦闘機を作る方法』でした。お読みいただき、ありがとうございました! 

暮らしの一句

レゴ作り いつもハマるの お父さん

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA