子育て

子供がYouTubeを見過ぎていると感じたら見直してもらいたいこと

タブレットを使っている少女

みんなYouTubeが大好きです!

うちのお兄ちゃんもピーちゃんもYouTubeが大好きです!ヒカキンさんをはじめとしたユーチューバーの方の動画をとても楽しく視聴しています。僕も好きな歌をYouTubeでよく見ています。でも、時々、子供たちがちょっと見過ぎなんじゃないかなと思うこともあります。今回は、子供がYouTubeを見過ぎていると感じた方に、ちょっと振り返ってもらいたいことを投稿しましたので、心当たりのある方のご参考に少しでもなればと思います。

ちなみに、YouTubeを見ること自体が悪いと言っているわけではないことも一言加えさせていただきます。僕にとっても、子供にとっても身になる動画もたくさんありますので!ただ、一人で見ている時間がずっと続くのはいかがなものかということでこの記事を書かせていただきました。

YouTubeを見過ぎていると感じはじめた僕

僕は、仕事柄午前中の時間が自由になるので、ピーちゃんを保育園に送るのは僕が担当しています。そのピーちゃんを保育園に送るまでに時間があるのですが、その時間はいつも、僕が夕食を作る時間に当てていることもありピーちゃんは、この時間にいつもYouTubeを見て過ごしていました。

時間にして約50分くらいでしょうか。お人形遊び、レゴ、Eテレなどがあるにもかかわらず、もっぱらYouTubeが見たいとせがむピーちゃんに僕も『ちょっとYouTube見過ぎじゃないかなぁ…』と思うようになり、妻にも何度かそのことを伝えました。

彼女は僕よりも出社が早いためその時間をどんなふうにピーちゃんが過ごしているのかはなかなかわかりずらいわけではありますが、夜もピーちゃんがYouTubeを見ているのを知っていましたので、ピーちゃんに朝はYouTubeを見ないで過ごそうと提案をしてくれました。すると、ピーちゃんも朝の時間はYouTubeを見ないように頑張りはじめました。

YouTubeを見ないのであれば何をするのか?

そんな娘を『おぉ、お母さんとの約束を守ろうと頑張ってるなぁ』と見ていたら、ピーちゃんは、お人形を用意して僕に一言『お父さん、一緒に遊ぼうよ!』と言うのでした。次の日は、Eテレの子供番組をつけて一言『お父さん、一緒に見ようよ!』

うんうん、一緒にね。っておい!夕食どうすんじゃい!と思いましたが、頑張っている彼女に答えるためにも夕食の準備は朝早起きして終わらせて、ピーちゃんと一緒に過ごせるるようにしようと動き始めたら、僕のもやもやは一気に解決しました。

要するに、大人が色々やりたいから子供にYouTubeを見せていたんですよね。

視聴をやめさせたいと思っているまさにその時に自分は何をしていたのかを振り返ってみる

当たり前の話ではありますが、ピーちゃんと一緒に遊ぶようになったら、ピーちゃんはやりとり遊びをしたかったんだなと深く思うに至りました。子供番組を見ている時も、よく話しかけてくれますし、一緒に歌を歌うこともあります。

YouTubeの番組でもそういったものはあるとは思いますが、うちの子はタブレットの小さい画面で、だいたい商品紹介動画のようなものを見ていることが多く、こちらが一方的に視聴し続けるスタイルのものが圧倒的に多かったんです。だから、やりとりをしなくても成立しちゃうですよねぇ。(ある意味ユーチューバーの方々が良く工夫しているともいえるのですが…)

そんなわけで、ピーちゃんがYouTubeを見ている時は、自分の中にどこかで『こちらも忙しく食事を作っているんだからその間くらいは、大人しくしていてもらいたい』と自分が子供にYouTubeを見せている行動を正当化していたのかもしれません。

見せ始めたのは親で、それを見過ぎていると憤るのも親という…なんという矛盾!

子供の性格や気質は十人十色

なので、よそのお子さんですと4歳くらいでも十分にYouTubeばかりにどっぷりはまるわけでもなく一人でいろいろとブロックをやったりお人形さん遊びをしたりできる子はいるはずで、一概には言えませんが少なくてもうちの子達は、僕に似てお喋りが大好きで、他の人と一緒にするやりとり遊びが大好きなのでありました。

そんなこと、わかっていたのに、YouTubeの見過ぎを助長していたのは自分だったとは…本当に情けないです(涙)

その後は、気をつけることに

僕も気がつけたので、そこは子供と過ごす時間なんだと意識を変えて時間の使い方を変え、子供と過ごす時間の前には夕食を作り終えるようにしました。できないときには、子供を送った後に作るようにしています。

本日のまとめ

YouTubeを見せ始めた時も『ちょっとの時間だけなら』と思っていたはず、しかし、このちょっとの時間っていうのは、大人がちょっと○○している間の時間だけならっていうことで、大人側の理由で見せ始めていたんですよね。それを忘れてしまって、あたかも子どもが見たがったからちょっとの時間だけなら見せてあげていたのに気がついたら、ずいぶんと長い時間見ていてこの子はどうなっちゃんってんだ。なんて…いやいや、僕が見せ始めたんですよ!

家事・食事・育児のバランスが悪かったんだなぁと思いましたが、気が付けば、あとはそのバランスをちょっと調整すればなんとかなったので、よかったです。これは我が家でのことですが、同じようなことで悩んでここに訪れてくださった方の参考に少しでもなれば幸いです。

また、冒頭にも書きましたように、YouTubeを見ること自体が悪いと言っているわけではないことをもう一度添えさせていただきます。僕にとっても、子供にとっても身になる動画もたくさんありますので!ただ、一人で見ている時間がずっと続くのはいかがなものかということでこの記事を書かせていただきました。

以上、『子供がYouTubeを見過ぎていると感じたら見直してもらいたいこと』でした。お読みいただき、ありがとうございました! 

暮らしの一句

YouTube 見るのやめなと 言うけれど 見せ始めたのは まさに我なり

斜めの要素を取り入れた部分
親子で作ろう!スターウォーズ風 宇宙船をレゴで作る方法レゴでスターウォーズ風の宇宙船をつくりました!ちょうど、2019年12月28日現在『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』も上映が...

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA